Posted by at

2009年09月30日

「あなたのメルマガを出すべきです」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/09/30のワンポイント
「あなたのメルマガを出すべきです」

□解説

・ぜひ、あなたのメルマガを出すべきです。

・メルマガとブログは、その目的が違います。

・なぜなら、メルマガは受動的です。

・ブログは能動的です。姿勢が全然違いますよね。

・メルマガは一度受諾するとお客の状況に関係なく勝手に送り付けて来られるものです。

・メルマガは発行者(From)を見れば本文を見ずとも誰から送られてきたかわかります。

・誰から送ってきているのかを見れば、本文を見ずとも内容がわかります。

・中身がわかるメルマガは、本文を見ずにゴミ箱へポイです。

・あなたがメルマガを出す最大の目的は、お客に本文を読ませることです。

・では、本文を読んでもらうためにはどうすればいいのか。

・それは「メルマガでは絶対に売らないこと」です。

・ええ、一切売らなくて大丈夫です。あなたからメルマガが届く意味は、そんなこと書かなくてもお客が一番知っています。

・あなたは私の言葉など無視してくださって構いません。どうぞこれからも売り込みメルマガを出し続けてください。その姿勢であなたがメルマガを出し続けることができるのならね。

・誰のためでもない、あなた自身のためです。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 16:12Comments(0)ワンポイント

2009年09月24日

「実店舗に見に行きたいと思ってもらうなら」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/09/24のワンポイント(23日は秋分の日でしたから...)
「実店舗に見に行きたいと思ってもらうなら」

□解説

・とあるアパレル小売の実店舗を持つ女性オーナーがメルマガを出しています。

・メルマガでは「新作ワンピ必見です」と書いてホームページへ誘導したいのだと。

・ホームページもシンプルに「かわいいです」「足がきれいに見えます」としか書かないのだと。

・どうやらそこには彼女の意図があるんですって。

・それは「商品を詳しく説明したらお客にお店に見に行きたいと思ってもらえないから」。

・あれれ?情報を寸止めしたらお客は興味を持ってくれるんでしょうかね。

・たいてい「これじゃなんもわからん。めんどくさっ」でしょう。

・もしあなたがお客なら、もったいぶって情報を出し惜しみする姿勢の店主からわざわざ買いたいと思うでしょうか。

・べつに無理してそこから買わなくても、このご時世、みなさん自分で代替品を探し出すことができるのです。

・「続きはCMの後で!(←CMが終わってもたいした情報ではないのだが)」でイライラした経験があれば、自分もお客にそうしていないか振り返ることです。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 13:30Comments(0)ワンポイント

2009年09月16日

「お客がやってみたいことの代行を承る」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/09/16のワンポイント
「お客がやってみたいことの代行を承る」

□解説

・あなたは○○(←仕事名。ex:ワイン屋、お香屋、ぎょうざ屋....)のプロです。

・プロならではの知識、知恵、経験則を持っています。

・そしてあなたのお店の倉庫には商品が売るほど(笑)あります。

・販促費が許す範囲で、実際のお客がためらうようなことを実物を使ってできます。実際にこれまでにやった経験もあるでしょう。

・例えば、ワインをソフトドリンクで割ると実はおいしいのかおいしくないのか。この香りとこの香りを混ぜて焚いたら実は心地いい香りになるのかならないのか。餃子につける薬味でこれこれをつけると実はおいしくなるのかならないのか。

・うまくいったうまくいかなかった、それぞれ結果が出ると思います。

・うまくいかなかった事例は、それは悲惨でしょう。

・しかし、人間は他人の失敗を教訓にして学ぶことができます。ときに失敗から得るモノが大きかったりします。

・「なにそんなバカげたことを」とお高くとまって批評する人よりも、バカげていることを実際にやった人の元へお客は集まります。

・なぜか。お客は商品だけを買っているわけではないからです。

・集まるお客はそれこそマニアばかりになるかもしれません。

・でも、マニアに集まってもらった方が、実際にはあなたが助かることになります。

・あなたがマニアを味方につけることすらできなければ、普通の人たちがあなたの味方になってくれるわけがありません。

・大事なのでもう一度言います。お客は商品だけを買っているわけではないからです。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 16:38Comments(0)ワンポイント

2009年09月09日

「情報更新頻度は守りましょう

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/09/09のワンポイント
「情報更新頻度は守りましょう」

□解説

・毎朝、新聞が玄関まで届きます。

・朝刊には一面記事から二面三面社会面経済面そしてラテ欄まで、幅広く記事が載っています。

・たまに新聞休刊日があります。

・その朝もいつもの習慣で新聞を探しますが、あっ今日は休刊日、と思い出してなんだかがっかりしたことはありませんか。

・いつも更新されている情報が(事前に休刊日とわかっていても)たまに途切れるとがっかりするのです。

・ブログも同じ。

・なおのことブログだと事前予告などしませんから、書いてない日は書けなかったのか書かなかったのかわかりません。

・更新の頻度はあなたの環境に合うようにして構いません。

・その頻度を必ず守るようにしましょう。

・どこかで見ているあなたのファンを、がっかりさせないために。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 18:17Comments(0)ワンポイント

2009年09月09日

戦略編 「誰に売るかを決める」①

洋服を買いにショップへ行って、販売員さんのオススメで、予算以上の商品を買ってしまったり、買おうと思っていなかった商品まで買ってしまった経験はありませんか?

優秀な販売員さんは、お客様によって会話を変え、お客様の求めるものを的確に提案できる高い技術を持っています。

ホームページというのは、相手からコンタクトがあるまでは、一方通行のメディアです。しかも、基本的に、文章と写真(絵)でしか相手に請求できません。
人間のようにページを閲覧している相手によって、説明文や、写真を変えるというような芸当はできません。
あらかじめ用意してある文章や写真をお客様に見ていただくしかないわけです。
これは、ホームページ用の特性なのでどうしようもありません。

そこで、ネットで販売する場合は、誰に売るかを決めることが非常に重要となります。売る相手をしっかりと絞り込んで、目の前にいるその人に対して、説明する気持で文章を書かなければ売れるページにはならないでしょう。
  続きを読む


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 18:03Comments(0)戦略編

2009年09月03日

戦術編「つかみ3秒」②

「つかみ3秒」①はこちら

赤枠で囲まれた部分がファーストビューです。下部にも続きがありますが、表示されません。

このファーストビューで閲覧者に、「どんな商品を取り扱っているか」、「どんな会社なのか」、「決済は」、「問い合わせ先は」等、見せたい情報をすべて見せなければいけません。
さらに、「ここで扱っている商品やサービスは、閲覧者にとって有益なのか?」、「このサイトをもつと見てみる価値があるのか?」を瞬時に伝えなければならないのです。

こう考えると、ターゲッティングがぼやけていると、伝えたいことが伝わらないということがよく分かるでしょう。
ファーストビューでは、十分に絞り込まれたターゲットに対して何を提供しているのか、その結果ターゲットはどんなベネフィットが得られるのかを伝えなければなりません。
そのためには写真やイラスト、そしてキャッチコピーをしっかりと吟味する必要があります。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 10:43Comments(0)戦術編

2009年09月02日

「分かれ道、どっちだと思いますか」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/09/02のワンポイント
「分かれ道、どっちだと思いますか」

□解説

・モノやヒトが二つあるとき、何かが起きるためにはどっちかが行動しなければいけません。

・どちらも何もしなかったら、永遠に何も起きません。

・よって、両者の間にプッシュ(=push =押す)かプル(=pull =引く)か、という関係があります。

・では、質問です。

・ネットショップは、プッシュメディアですか、プルメディアですか。

・答えをどっちにするかあなたの自由ですが、あなたが答えた内容で行動が異なり、結果もまるで変わってきます。

・大事なことなので、もう一度問います。

・ネットショップは、プッシュメディアですか、プルメディアですか。

・この問いにたいしてあなたが、感覚ではなく根拠ある回答ができればこのステップは合格です。

・答えが出るまで(←もちろん根拠付きで)、一晩考えてください。

  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:59Comments(0)ワンポイント

「福岡よかもん市場」活性化プロジェクトBlog

福岡・博多の特産品・名産品を【産地直送】でお取り寄せ!「福岡よかもん市場」を活性化プロジェクトを通じて、地域の繁栄と発展に取り組んでいます。