Posted by at

2009年08月31日

戦術編「つかみ3秒」①

売れる店舗実践塾 戦術編です。

つかみ1秒あと楽勝とは実演販売のカリスマ「いとう伸」氏が言った言葉ですが、ネットショップもまったく同様。
つかみが大切です。

ネットショップでは、サイトを訪れた利用者が、そのページが自分にとって有益なサイトかどうがを判断する時間は3秒以内であるといわれています。これを3秒ルールと言っています。
  続きを読む


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:12Comments(0)戦術編

2009年08月27日

「大事なものは前。大丈夫。全部伝わるから」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/08/27のワンポイント(←どうも水曜日は時間を割きづらくて)
「大事なものは前。大丈夫。全部伝わるから」

□解説

・伝えたいことは一番前に持ってきましょう。

・大丈夫です。生き物としての人間の識別能力や読解力は、あなたが思っている以上のすんごい機能を持っているのですから。

・たとえばひとつ じれいをあるげと いまあたながよんでいる このぶんしょうですが なげになくよだんら あたなは なんのもだんいもなく りかいできちっゃた きがるすでょしう。でももうちいど よくむよと むちゃちくゃ おかいしぶんなのすでけどね。きづまきした?きづかなかったら、もういちど よみなおてしみてね。きになひるとは「ケブンリッジ だがいくの けんゅきう」で けさんくしてみて。

・あなたが伝えたい要素に抜けが無く、かつその論理構造がしっかりしていれば、多少の誤字脱字があろうとまた言いたい順番が前後しようとも、読み手が勝手に内容を理解してくれるのです。

・だったら、伝えたいことは、一番前に持ってきて大丈夫なんですよ。

・起承転結。ではなく結起承転でOK。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 09:12Comments(0)ワンポイント

2009年08月20日

運営編1 「接客がリピーターを生む」②

売れる店舗実践塾 運営編 「接客がリピーターを生む」①の続きです。

お客様とのコミュニケーションのタイミングは前回の内容に載せていますが、発送完了メールまでは、必ず実践してください。みなさんに特にお勧めしたいのが、フォローメールの活用です。フォローメールの配信までこまめに行っているショップは、そう多くありません。その点で他店と差別化ができますし、また、フォローメール2のように、次の購買の誘引を行うこともできます。
これらの一連のメールは、メールマガジンなどと違って、抜群に開封率(メールを開いて読んでくれる確率)が高いので、使わない手はありません。
ただし、購入後2週間以上間隔が開いてしまうと、商品情報の配送を許可されなかったお客様にとっては、迷惑メールと取られてしまうこともありますので、十分に注意してください。

メール配信のタイミングを工夫しよう
また、受注から発送まで時間がかかるような商品や、お客様が、配送日の指定をされて注文から配送まで時間がかかる場合は、配送完了メールの送信までに中間報告のメールを送るのもよいでしょう。

購入前のお客様に対しても、プレゼント企画などを行って、応募してきた見込み客に対して、商品の案内をすることなども考えられます。みなさんの商売の状況に応じて、お客様とコミュニケーションがとれるチャンスを見逃さないようにしましょう。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:00Comments(0)運営編

2009年08月19日

「強烈な印象を残す店」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/08/19のワンポイント
「強烈な印象を残す店」

□解説

・たとえ話です。あなたが学生の時一人暮らしをしていた頃を想像してください。

・よく通った定食屋さんとか地元のパン屋さんとか、思い出のお店がかあると思います。

・「あの定食をいつも大盛りで食べてたんだよな」「お金が無くて売れ残りの割引パンを買ってたんだよね」

・やがてあなたは大人になりました。

・ふと機会を得て、そのお店の近くに久しぶり行くこともあるでしょう。

・もうお店の屋号なんか忘れてしまいました。普段使わない記憶は思い出せません。

・でも、現地に来ればお店があった場所はたいてい覚えているものです。

・時間の経過で市街地再開発や経営上の問題でお店が閉店していることを知ります。

・少し寂しい。残念だな。

・家に帰ってもまだ気になっていたら、お店の情報をネットで調べます。

・なんせ屋号を忘れているので、かすかに覚えている周辺情報を駆使します。例えば『□□』『△△』とか。

・すると、そのお店で同じ経験を持つ同窓生の記事や体験談や雑談記がブログや掲示板が見つかります。

・まず、そこで忘れていた屋号を思い出せるのです。誰かが書いてくれているから。

・また、新しい情報を時期を待たずして誰かが書いてくれています。

・「大盛りの名店○○は○○市○○へ移転」「元の場所から数百メートル離れ○月に再開店」

・強烈な印象を残しているお店には、コアなお客が、また体験したくて戻ってきます。勝手に。

Q.
あなたのお店で体験させることができる強烈な印象は何ですか。
それともネットショップだからそんな印象は残せないとお考えですか。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 11:27Comments(0)ワンポイント

2009年08月18日

運営編1 「接客がリピーターを生む」①

売れる店舗実践塾 運営編1 「接客がリピーターを生む」①

ご存じのように、ネットショップでは、お客様と対面して接客ができません。
ネットでは、メールを利用してお客様とコミュニケーションをとることが基本となります。
ですから、メールによる接客は大変重要です。
お客様との接触回数をいかに増やすか?そして、メールを通していかにお客様に思いを伝えるかでリピート率が大きく変わってきます。


[著者] 有限会社Biz Assist 代表取締役 森田 欣典  続きを読む


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 19:36Comments(0)運営編

2009年08月17日

新規出店のご紹介

売れる店舗育成アシスタントナレッジネットワークの古賀勇樹です。

よかもん市場 新規出店のご紹介です。

●健康にいいものを、美味しく皆様へ【健康の力!24】

健康の力!24
「健康にいいものを皆様に」いつもその気持ちを忘れずに、皆様によりよい商品をご提供できるよう、日々スタッフ一同がんばっております。
ぜひ一度、当店の商品をお試しくださいませ。


●様々な身体のお悩みには【びわ葉温灸器と遠赤外線治療器専門店

びわ葉温灸器と遠赤外線治療機器専門店
低体温対策、自然妊娠、肩こり、腰痛、ひざ痛、腱鞘炎、減量、花粉症、アトピー性皮膚炎などでお悩みの方へ、びわ葉温灸器や遠赤外線治療器をご紹介しております。





●新足裏感革命~ゲルマニウム配合の【わらじのお店ショウリュウ

わらじのお店ショウリュウ
ゲルマニウム配合布わらじは、チオクリ-ン糸(ゲルマニウムを練り込んだ繊維)を使用した業界初の商品です。今話題のゲルマニウムを配合していることにより健康にも良く、全て手作りで出来ています。


●贅沢なひとときを一杯のお茶とともに・・・【露柱庵~rochuan~

露柱庵
28年前から、完全無農薬栽培のお茶を作り続けていす。
大事に育てられているお茶たちは、いりえ茶園一人一人の愛情と美しい空気と自然の中で、のびのびすくすくと育っています。


●最高品質のいちごを完熟でとりそろえております【ベリーの森 聖

ベリーの森聖1ベリーの森聖2

最近、暑くなって、よくあまおうスム-ジ-を作って飲みます。畑から採れたての贅沢品でとってもおいしいです。暑いときの冷凍苺もひんやりしておいしいものですよ。


●巨峰をたっぷりと使った風雅なお菓子【丸屋菓子店

丸屋菓子店全国的に有名な巨峰ぶどうの産地、福岡県筑後平野・耳納連山の麓の田主丸町で生まれた”巨峰ふーちん”は、巨峰をたっぷり使っています。シャーベット状、舌触りのよいプルルンの食感の二通りをお楽しみいただけます。


●女性専用エステサロンilohaのお店【いろは倶楽部


「iloha」とは「infinity love happy ~無限の愛・幸せ」が由来です。
また、ものごとの初めは日本では「いろは」からというように美容のスタートをilohaから切って楽しんで欲しいという願いから付けた名前でもあります。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 19:34Comments(0)出店者紹介

2009年08月13日

戦術編1 「ページレイアウトを考える」②

売上を上げるための20カ条 戦術編 以前の投稿の続きになります。

ユーザビリティの良いページレイアウトにすることが大事であると前回述べましたが、訪問者が迷子にならないことも重要です。

訪問者がネットショップでいろいろと商品を見ているうちに、自分が今どのページにいるのか分からなくなるようなショップがありますが、そのようなサイトはユーザビリティが良くないサイトと言えるでしょう。

そのようなことを避ける方法として、階層が何層にもなる作り方をしないようにする必要があります。多くても3階層までにしましょう。
迷った訪問者は面倒くさくなって、他のホームページへ行ってしまう場合が多いのです。これは、販売機会の損失ということになってしまいます。

また、人間はページを見る場合、「F」の字を描きながら、ページ全体を見ているそうです。これは、ウェブ・ユーザビリティの第一人者であるニールセン博士が連載中のコラム『Alertbox』で発表されました。この「F」の動きに合わせてホームページのレイアウトを構成する必要があります。以下に、ユーザビリティを考慮した、標準的なページの構成例を掲載しておきますので、参考にしてください。

ページレイアウト例


[著者] 有限会社Biz Assist 代表取締役 森田 欣典  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:26Comments(0)戦術編

2009年08月12日

「薬膳カレー」店舗取材【ベースキャンプ】

ナレッジネットワークの古賀勇樹です。

今回は、薬膳カレーで有名なベースキャンプさんの取材レポートです。

最近、行った美容室で読んでいた「シティ情報ふくおか」でもベースキャンプの薬膳カレーが紹介されていました。

暑いなつこそ、カレーが食べたくなりますね。

薬膳カレー@ベースキャンプ  続きを読む


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 15:27Comments(0)店舗取材

2009年08月12日

「もしかしたら売り切れなのでは」

こんにちは。アドバイザーストラテジア前田憲太郎です。

■2009/08/12のワンポイント
「もしかしたら売り切れなのでは」

□解説

・「在庫引当(ざいこひきあて)」ネットショップやってればこの意味はわかりますよね。

・あなたが在庫引当するのは、どういう時ですか。

・では、ショップカート管理画面での各商品在庫数と、対応する実物在庫数のルールを決めていますか。
(決して「表示在庫数=実物在庫数」でなくても構いません)

・もしかすると、あなたは最近管理画面にログインしておらず、
お客にむけて「在庫無し」と表示しているのではありませんか。

・もしあなた自身が商品を買わせない状況にしていることに心当たりあれば、直ちにカート管理画面へログインしてください。
  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 12:28Comments(0)ワンポイント

2009年08月10日

出展店舗取材【インテリア小物 モリゾ】

売れる店舗アドバイザーナレッジネットワークの古賀勇樹です。

8/7(金)に東油山にある、モリゾさんの店舗へ取材しに伺いました!

気持ちよく晴れた天気の中、とても緑が眩しい。

私事ですが、この辺りには小さい頃に来ていたので、とても懐かしい風景でした。

店舗の中に入れば、バラなどの花をモチーフにした商品がずらりと並んでおり、とても華やか!
同行した、レポーターの野田もはしゃいでおりました!

【 写真1】 バラのデザインが入った食器が奇麗に並んでいます。


【写真2】フラワーマグネット (※購入可) ちょっとした贈答品などに、最適です。


Webサイトに載せられている写真だけでなく、こういった店舗の写真や動画などがあると、お店の雰囲気も分かるので楽しく・安心して購入できるのではないでしょうか?

さて、店舗取材の様子はこちら!


購入はこちら! インテリア雑貨ショップ・モリゾ  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:12Comments(0)店舗取材

「福岡よかもん市場」活性化プロジェクトBlog

福岡・博多の特産品・名産品を【産地直送】でお取り寄せ!「福岡よかもん市場」を活性化プロジェクトを通じて、地域の繁栄と発展に取り組んでいます。