Posted by at

2009年09月03日

戦術編「つかみ3秒」②

「つかみ3秒」①はこちら

赤枠で囲まれた部分がファーストビューです。下部にも続きがありますが、表示されません。

このファーストビューで閲覧者に、「どんな商品を取り扱っているか」、「どんな会社なのか」、「決済は」、「問い合わせ先は」等、見せたい情報をすべて見せなければいけません。
さらに、「ここで扱っている商品やサービスは、閲覧者にとって有益なのか?」、「このサイトをもつと見てみる価値があるのか?」を瞬時に伝えなければならないのです。

こう考えると、ターゲッティングがぼやけていると、伝えたいことが伝わらないということがよく分かるでしょう。
ファーストビューでは、十分に絞り込まれたターゲットに対して何を提供しているのか、その結果ターゲットはどんなベネフィットが得られるのかを伝えなければなりません。
そのためには写真やイラスト、そしてキャッチコピーをしっかりと吟味する必要があります。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 10:43Comments(0)戦術編

2009年08月31日

戦術編「つかみ3秒」①

売れる店舗実践塾 戦術編です。

つかみ1秒あと楽勝とは実演販売のカリスマ「いとう伸」氏が言った言葉ですが、ネットショップもまったく同様。
つかみが大切です。

ネットショップでは、サイトを訪れた利用者が、そのページが自分にとって有益なサイトかどうがを判断する時間は3秒以内であるといわれています。これを3秒ルールと言っています。
  続きを読む


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:12Comments(0)戦術編

2009年08月13日

戦術編1 「ページレイアウトを考える」②

売上を上げるための20カ条 戦術編 以前の投稿の続きになります。

ユーザビリティの良いページレイアウトにすることが大事であると前回述べましたが、訪問者が迷子にならないことも重要です。

訪問者がネットショップでいろいろと商品を見ているうちに、自分が今どのページにいるのか分からなくなるようなショップがありますが、そのようなサイトはユーザビリティが良くないサイトと言えるでしょう。

そのようなことを避ける方法として、階層が何層にもなる作り方をしないようにする必要があります。多くても3階層までにしましょう。
迷った訪問者は面倒くさくなって、他のホームページへ行ってしまう場合が多いのです。これは、販売機会の損失ということになってしまいます。

また、人間はページを見る場合、「F」の字を描きながら、ページ全体を見ているそうです。これは、ウェブ・ユーザビリティの第一人者であるニールセン博士が連載中のコラム『Alertbox』で発表されました。この「F」の動きに合わせてホームページのレイアウトを構成する必要があります。以下に、ユーザビリティを考慮した、標準的なページの構成例を掲載しておきますので、参考にしてください。

ページレイアウト例


[著者] 有限会社Biz Assist 代表取締役 森田 欣典  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 17:26Comments(0)戦術編

2009年08月06日

戦術編1 「ページレイアウトを考える」①

売上を上げるための20カ条 戦術編 第一回目の投稿です。

ページレイアウトを考える

ホームページを作成する場合、閲覧者の利便性(ユーザビリティ)を考えて構成させなければなりません。

NPO法人Eコマース協議会によると、ユーザビリティを定義づけるものとして、次の3つを揚げています。

●快適であること(快適性)
 ネットショップを利用して購入してもらう以上、お客様にとって利用すること自体が快適でなければならない。

●わかりやすいこと(認知性)
 サイト全体がわかりやすいことは、目的の達成(購入)を容易にする。ナビゲーションの使いやすさ、リンク先へのわかりやすさがこれにあたる。不必要なところで迷わせたり、戸惑わせたりすることをできるだけ防ぐ必要がある。

●簡単であること(操作性)
 サイトの操作のしやすさ、使いやすさなどを考慮する。不必要なものを省略したり、無駄な入力項目を減らしたりすることなどがこれにあたる。


これらを踏まえて、ページレイアウトをしっかりと考え、構築する必要があります。ユーザビリティの良いページというのは、操作性がよく、分かり易く、自分の探している情報が簡単に探し出せ、目的のページに簡単にたどりつけるページであるということです。

[著者] 有限会社Biz Assist 代表取締役 森田 欣典  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 22:00Comments(0)戦術編

「福岡よかもん市場」活性化プロジェクトBlog

福岡・博多の特産品・名産品を【産地直送】でお取り寄せ!「福岡よかもん市場」を活性化プロジェクトを通じて、地域の繁栄と発展に取り組んでいます。