Posted by at

2009年07月07日

#ショップの売上を伸ばすまでの第一歩

よかもん市場店舗アドバイザーの(meguri)です。
今日はショップの売上を伸ばすまでの第一歩についてお話したいと思います。

ネットショップが開店して、いい商品も揃った、ページも完璧に商品をアピール出来ていると仮定しましょう。でもそれで即、売上にはつながりませんよね。
あたりまえですが、ショップが開店した当初はそのお店をだれも知りません。僅かに知人や回りの業界関係者に教えても、ネット全体から言えば微々たる数です。
人気のない山奥でショップが存在しているようなものです。
集客(=アクセス数)が少ないので、この時点でいくらキャンペーンやショップ内で商品をうまくアピールをしても無駄な作業となってしまいます。


開店当初、又は売上が思ったように伸びないショップはまず、アクセス数(来訪者)を増やす努力をしましょう。
現在、貴方のWebショップはどの程度のアクセル数があるでしょうか。
----------------------------------------------------
通常ネットショップでの商品の購入率は
来客数(アクセス数)の0.5%以下と言われています。
0.5%あるショップはかなりの人気ショップとのことです。
----------------------------------------------------
仮に購入率を0.2%と仮定すると
1日に1,000件のアクセスがあると、1日に2件の売上となり、
100件のアクセスに下がると、5日に1件の売上となり、
10件のアクセスに下がると、50日に1件です。

単純にそして一概には断定できませんが、今のアクセス数を伸ばすことが出来れば、売上増に繋がることが仮定として予測出来るのではないでしょうか。
あなたのショップの購入率を確認してみて下さい。
平均したアクセス数から、現在の売上数を計算してみると、どの程度の購入率になっているかが分かるはずです。

「よかもん市場の出店ショップ」であれば「アクセスログ解析機能」がついています。
独自のWebショップであれば、アクセス解析ソフトを設置しましょう。個別のソフトをここではご紹介出来ませんが、フリーソフトも多数ありますので、検索で「アクセス解析ソフト」と検索してみて下さい。


アクセス解析で現状を分析しょう。

アクセスを伸ばす方法はどのようなものがあるでしょうか。
「検索エンジン対策」を充実させることが、以前から言われていることです。
お客様が欲しい商品を検索エンジンンで探した時、自分のショップが表示順位の上位に表示されていれば多くのアクセスを獲得できるわけです。 これはだれでも分かることですが、しかし実際にはそう簡単にはいきません。

お客様がどのような言葉(キーワード)で検索するかは、商品や商材によっては確定出来ないことがあるからです。例えば雑貨ショップを開店していたとして、どのようなキーワードにするかは難しいところです。雑貨の種類にもいろいろあり、どれで探してもらうか簡単には判断できません。

ましてや「雑貨ショップ」で検索の上位に表示されたとしても(現実には全国に雑貨ショップは数多くありますので、上位表示は直ぐには実現不可能ですが、、)、はたして一般の人が「雑貨ショップ」のキーワードで探すでしょうか? 今すぐ商品が欲しいのにゆっくりといろんなショップを見て回る人はそう多くないはずです。

私もよくネットで買物をしますが、
今すぐある商品が欲しいのに、最適なショップが見つからない、、、。
といった経験をよくします。

検索エンジン対策は上位に表示されることよりも先ず、どのようなキーワードにするかを先に検討することが必要ですね。

「ショップの売上を伸ばす第一歩」のテーマから少し外れてきましたので、検索エンジン対策については、また今度書きます、
では今日はこれにて。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 09:25Comments(0)アドバイザーmeguriからのワンポイント

2009年05月28日

#心のアンテナを敏感にして、成功ショップを研究しましょう。

よかもん市場店舗アドバイザーの廻(meguri)です。
ネット販売に特化したアドバイスやショップ立ち上げ支援などを行っています。 これから少しづつ、ネットで売れる為のノウハウというか、私が日頃考えていることを掲載していきますので、よろしくお願いします。

まず今日は初めての投稿ですのでジャブとして、よく聞く質問の答えから。
質問(出店予定のお客様)
”楽天は売れると聞きますが、うちも出店してみようかと思ってるのですが、どうでしょう、、、。”
答え(私)
「多分売れないと思います。」と私は心の中でつぶやき、「う~ん、難しいですよね、、、。」と少しあいまいにご返事することでしょう。


現在楽天は出店数30,000店弱を超え(2009/5/25現在、27,552店舗)、巨大ショッピングモールに成長してその勢いはとどまるところがありません。売上1億突破店とか、月商数千万売上のショップも数多くあるなど華々しい実績を耳にします。
現実に私のお客様でも一昨年、出店したところ最初の数ヶ月こそ売上20~30万/月でしたが、現在では300万~400万/月の売上を達成して、現在1,000万の売上を目指して奮闘中のところもあります。

それでもなぜ”売れない!”と思うのか。

それは”楽天に出店すれば売れるかもしれない”と短絡的に考えていることに問題があると思うのです。多くの成功例の影に、それを大きくはるかに上回る数多くの失敗例があることに気づくべきです。

これは楽天への出店に限らず、多くのネット販売での出店者に共通することですが、ネット販売は実店舗を開くことに比べるとはるかに少ない経費でショップが開店できます。
参入が簡単な分、その意識についても簡単に考えている方が多いような気がします。ネット販売の店舗を単なる”自動販売機”のようなイメージで、「出せば少しは売れるかも、、、。」、「もしかすると大きくブレイクするかも、、、、。」と楽観的に思うのは非常に確立の悪い賭けではないでしょうか。

では成功するにはどうすればいいのか。

それは、よく聞く答えで恐縮ですが、
”成功しているショップを研究する”ことが一番の近道ではないかと思います。師匠にそのノウハウを習うわけです。 いろいろ回り道して試行錯誤することも大事ですが、まず最初に多くのことを学び、実行することが最短の近道ではないでしょうか。

最初は自分と同じようなジャンルの成功ショップをじっくりと眺めて、実際に商品を購入してみることから始めては如何でしょう。 きっと多くのことを学ぶはずです。

・価格構成、品揃えはどうか
・ショップのイメージ、デザイン等はどうか
・お店からのメールの内容はどうか
・梱包はどうか


私も実際によくネットで買物をします。先日も「自転車2台を部屋の中に吊り下げる金具」といった少しニッチな商品を購入しました。
その時のお店側の対応が非常に印象に残っています。
品物は想像以上に良質で、価格も割安でしたが、お店の対応がとても気になったのです。
①注文確認のメールが、同じような文面で数回送られてきました。
②メール文面に辻褄の合わない部分が幾つか見受けられました。
②到着予定の期日に商品が届きませんでした。
③お店からのアンケートが送られてきましたので、このあたりを少し記入して今後改善されてはどうですか、、 と返したのですが、お店からの返事はありませんでした。


この件で最大の問題は「メールの送信を間違った、文面がおかしい」ことではなく、また「予定日時に商品が到着しなかった」ことでもなく、「なにか不都合が発生した時にどのように対応するか、、、。」ではないかと思います。
 ”クレームが最大のお客様の信頼を得る機会である、、”とどこかで聞いたような気がします。 今回の場合はこのお店はお客様の最大の信頼の機会を逃したことになります。

ネット販売を始める前に、あるいは今のショップが売れないと嘆く前に、まず成功ショップを研究することから始めては如何でしょう。
あなたの心のアンテナを敏感にしておけば、きっと多くのことを学ぶことと思います。  


Posted by 福岡よかもん市場活性化プロジェクト at 08:37Comments(0)アドバイザーmeguriからのワンポイント

「福岡よかもん市場」活性化プロジェクトBlog

福岡・博多の特産品・名産品を【産地直送】でお取り寄せ!「福岡よかもん市場」を活性化プロジェクトを通じて、地域の繁栄と発展に取り組んでいます。